健康をサイエンスする

ワインをやめてウォーターサーバー水に変えた生活

ウォーターサーバーの天然水は、美味しさと品質の高さと安全性を語られることが多いですよね。でも他にも大切なことってあるんだよね。アクアクララは、美味しくて品質の高さと安全性があることはもちろんなんだけど、他にも誰も語らない良い点があるんだ。それはね、ゴミを出さないボトルだっていうことなんだ。

ペットボトルってリサイクルが進んで、色々な製品に生まれ変わっていることは知られているよね。これってリサイクルにも限界があり、色々な製品にするのに結構コストがかかってるだよ。だからアクアクララは回収した再使用のボトルを使ってるから、環境にもやさしんだ。しかもペットボトルって、石油から作られているから、新たなペットボトルと作らなことで環境にも貢献しているんだよ。回収したペットボトルって不衛生だと思うかもしれないけど、入念に洗浄殺菌して、厳しい検査をしているから安全なんだ。

しかも空になったペットボトルを捨てに行く不便さもないし、ゴミの日まで家に溜めておく必要もないよね。ウォーターサーバーを購入する時に、誰も語らない環境問題に積極的に取り組んでいるのがアクアクララなんだ。そしてエコマークを取得した環境にやさしいウォーターサーバーなんだよ。

 

加熱も冷却もすぐにOKのウォーターサーバー

最近ウォーターサーバーを利用しているのですが、私が使っているのはコスモウォーターという会社のものです。今までウォーターサーバーの存在は知っていたんですが、いまいちよく分からなかったので使っていなかったんです。そんな時に、友達から紹介されたのが、このコスモウォーターでした。

実際使ってみると、本当に即戦力になってくれます。まず一番良いのは、何と言ってもミネラルウォーターを購入する手間が省けるっていう事です。今までは水がなくなるたびに、スーパーなどに買いに行っていました。水ってすごく重いですし、これが結構手間なんです。かさばるので、なかなか家にまとめて置いとくという事も出来ないので、頻繁に買いに行く必要がありました。でもコスモウォーターの場合、定期的に家まで運んでくれるので、この手間が一切ないです。

使う前に気になっていた費用の面ですが、このコスモウォーターはサーバーレンタル代が無料なので、本当にお得です。普通に水を買うのとそれほど変わらないので、それでここまで便利な面があるなら十分です。サーバーを設置すれば、すぐにいつでもおいしい水、そしてお湯まで使えるという即戦力です。今ではもう、手放せなくなっています。

 

毎日の青汁をおいしい水で飲む

最近、健康志向が高まってか、あらゆるサプリメントが商品化されています。そして、需要もかなりあると言えるでしょう。その中の1つが青汁と言っても過言ではありません。高価格な物から、低価格な物まで、幅広い商品があり、ドラッグストアはもちろん、スーパーでも簡単に購入することができます。

そんな青汁は、健康のためには注目したい健康補助食品であると言えます。日本人は、食の欧米化により、野菜不足の方が増えつつあります。最近のテレビCMでは、欧米人よりも、一日の野菜摂取量が少ないと言われていました。自分は野菜をたくさん食べていると思っている方でも、緑黄色野菜と淡色野菜の摂取量のバランスが大切なので、調理しやすい淡色野菜ばかり食べていては、意味がありません。そんな時こそ、青汁を摂取するべきです。

基本的に、大麦若葉やケールといった、葉物野菜を中心に作られているため、緑黄色野菜の栄養を中心に摂取することができます。また、最近の商品は、抹茶味が多く、苦くはありませんし、とてもおいしくいただけます。もちろん、そのままお水で溶かして飲んでも構いませんが、牛乳や豆乳に混ぜて飲んでもおいしいですし、ヨーグルトに混ぜたり、クッキーやパンケーキを作る際に、粉に混ぜてつくると、子どももおいしくいただけます。このように、毎日の野菜不足解消のためにも、是非摂取したい、注目すべき健康補助食品だと言えます。

ペルチェ効果を応用した発電が注目されています

ペルチェ効果というものを応用した発電方法が注目を浴びています。このペルチェ効果とは、2種類の金属の接続部に電流を流すと、片方の金属から、もう片方の金属に熱が移動するというものになっており、それを発見した科学者の名前が付けられています。この効果を利用して、直流電流を流すと一方の面が熱を吸収して、その反対面は発熱するという現象が生じます。そして電流の極性を反転させると、その関係が逆転するのです。

よって高精度の温度制御が可能になるのです。この効果をうまく利用したモジュールのことを、ペルチェモジュールといい、特に発電関係の分野において、注目を浴びているのです。そこで次にどのようなメリットがあるのかをまとめていきます。

まず最初にコンプレッサーに比べて小型にできるというものがあります。よってコンピュータのCPUの冷却にも使われることがあります。

次に環境への負荷が高いフロンガスを使わないということがあります。これは最近の環境に対する低負荷社会の実現にも寄与することができるのです。そして可動部分がないという点も、大きなポイントです。これにより振動がなく騒音もない製品が作れることになるのです。そして前述しましたが、高精度の温度制御が可能ですし、これを応用して、冷却と発熱が簡単にできるということもあります。

このような多くのメリットが、現在社会の要求に適していることから、ペルチェ効果を利用した発電方法が注目を浴びており、いろんな製品が出てきているのです。

出典:発電
発電とは、電気を発生させることである。電力以外のエネルギーを電力へ変換することである。
人工的な発電としては、例えば、水力によるもの(水力発電)、風力によるもの(風力発電)、太陽光によるもの(太陽光発電)、地熱によるもの(地熱発電)、火力によるもの(火力発電)、原子力によるもの(原子力発電)などがある。

ペルチェ冷却について

ペルチェ冷却とは、フランスのペルチェが発見したもので、2種類の異なる金属や半導体の接合部分に電流を流すと発熱現象が起こるというものです。この現象を利用して対象物を冷やすことができます。この技術を使った製品はとても多くのメリットがありますので挙げていきたいと思います。まずフロンなどの冷媒を使用しておらず、地球の環境にやさしいです。

また、小型で軽量で形を自由にえらぶことができます。そして、すぐ冷え可動部分が無いので、振動や騒音がありません。適度な保湿が可能なので新鮮を保ちます。それから、ペルチェ効果により高精度の温度制御が可能です。このように従来のフロンガスを多く使う方式と比較して多くのメリットがあります。

ペルチェの用途は半導体製造装置、分析装置、医療機器や食料用の一時冷蔵庫や保管庫として、幅広く活躍します。しかし、欠点もあります。

移動させる熱以上に素子自体に放熱量が大きいため、電力効率が悪いという点です。また、ヒートポンプなどの熱交換とは異なり熱移動であるため、排熱側の十分な冷却を行わないまま負荷をかけ続けると、吸熱側の冷却機能が落ち、素子自体が破損してしまいます。メリットが多いのに、なぜ広く普及しないのでしょうか。それは吸熱側で吸収した熱と、消費電力分の熱が放熱側で発熱するため、ペルティエ素子自体の冷却が大変であるからです。

しかし、欠点はあってもメリットが非常にたくさんあるため、今後も発展していく技術です。

ペルチェ素子の応用。あまり知られていない様々な活用法

「ペルチェ素子」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、直流電流を流すことにより、一方の面から他方の面に熱を移動させる効果のある熱電変換デバイスの事で、冷却と加熱、温度制御を行う事が出来る半導体素子の事を言います。ペルチェ素子は、2枚の金属が張り合わされた構造をしています。2つの異なる金属を電気的に直列接合し、直流電流を流した場合、その接合部分にジュール熱以外の吸熱及び発熱が発生する現象の事は「ペルチェ効果」と言われています。

電源の極性を逆にすると、熱の移動方向も逆になるため、冷却・加熱を逆転させることも可能です。これだけ聞くと、私達の生活には特に関係の無いところの話を言う印象を受けますが、実は私達の生活に欠かせないものにも使用されています。

例えば、コンピューターのCPUを冷却するために使用されていたり、ワインクーラーに使用されていたりします。騒音を出さない静かな冷却装置であるという特徴があります。また、他には自動車用の冷温庫、小型の除湿機、小型のブランケットなど知らないだけで、既に多くの身近な製品で使用されているのです。

さらに、将来電気を作り出すことが出来る素子であるということでも注目を集めています。環境に優しい自然エネルギーとして注目を集めている太陽光発電と比べても、安価な再生エネルギーになると言われています。工場などから常に排出されている廃熱を利用して発電しようと研究されています。ちなみに、ペルチェとは発見者の名前から名付けられたものです。

 

小型化できるペルチェ素子の将来性と日本企業・大学・行政の研究

ペルチェ素子の用途は主に2つあります。ひとつは冷却分野、もうひとつは発電分野です。冷却分野として最も有名なのがパソコンhttp://xn--hck8bxd2c.biz/に使用されるCPU、GPUの冷却装置であり、その他にも自動車や寝室・ビジネスホテル等にある小型の保冷庫、医療用の冷却機器などが含まれます。発電分野として無線センサー、携帯型の通信機器、照明光、家庭用機器、地熱を利用した発電などに利用されており、さらに工場・焼却炉・自動車・太陽光発電との組み合わせ、体温で動く医療用のマイクロマシーンなどが研究されています。

このペルチェ素子は、大型の冷却装置(冷蔵庫・エアコン)や大型の発電システムなどには向かないが、小型化できるという特徴を備えています。

そのため、熱源と装置の温度差が1度ほどあれば発電することができ、装置の大きさは数ミリ~数センチ四方であるため日常生活により身近な場所で使用することができるのです。

このペルチェ素子を使った研究は日米欧で盛んに行われています。気になる日本企業や行政・大学の研究としては工場、ボイラー、船舶、焼却炉、自動車の排熱、温泉熱発電、センサーネットワークのセンサーの送信用電源、ワイヤレス送信回路、体内埋め込み型・ウエアラブル型医療機器の電源、カーボンナノチューブの光発熱特性を熱電変換素子に組み入れた光熱発電素子など、が挙げられます。この小型化が容易であるという特徴を持ったペルチェ素子は、冷却装置だけでなく発電装置としての将来性が期待されているのです。

 

加熱も冷却もすぐにOKのウォーターサーバー

最近ウォーターサーバーを利用しているのですが、私が使っているのはコスモウォーターという会社のものです。今までウォーターサーバーの存在は知っていたんですが、いまいちよく分からなかったので使っていなかったんです。そんな時に、友達から紹介されたのが、このコスモウォーターでした。

実際使ってみると、本当に即戦力になってくれます。まず一番良いのは、何と言ってもミネラルウォーターを購入する手間が省けるっていう事です。今までは水がなくなるたびに、スーパーなどに買いに行っていました。水ってすごく重いですし、これが結構手間なんです。かさばるので、なかなか家にまとめて置いとくという事も出来ないので、頻繁に買いに行く必要がありました。でもコスモウォーターの場合、定期的に家まで運んでくれるので、この手間が一切ないです。

使う前に気になっていた費用の面ですが、このコスモウォーターはサーバーレンタル代が無料なので、本当にお得です。普通に水を買うのとそれほど変わらないので、それでここまで便利な面があるなら十分です。サーバーを設置すれば、すぐにいつでもおいしい水、そしてお湯まで使えるという即戦力です。今ではもう、手放せなくなっています。

 

ペルチェ冷却とワインセラー

フランス人物理学者ジャン・シャルル・ペルティエによって発見されたペルチェ効果は、異なる2つの金属の接合部に電流を流すと熱が伝わり吸収されるという現象です。この効果は古くから冷却装置として利用されています。その特徴は冷却装置であるコンプレッサが必要ないことから小型軽量化できる、振動が発生しないためデリケートな電子製品などに使用されています。使用されている製品としてパソコンのCPUやGPU、医療用冷却装置、自動車や寝室に置くことのできる小さな保冷庫などがそれに当たります。

また、それ以外にも一般的に使用されているものとして、ワインセラー、ノンフロン冷蔵庫、ノンフロンクーラー、またペルチェ効果を学ぶためのキットなど数多くの物があります。

この中でワイン好きなたまらないのがこの効果を利用したワインセラーです。ワインは非常にデリケートなお酒として知られています。適切な環境で管理しておくとゆっくりと時間をかげ熟成し、そうでなければ早期に劣化し台無しとなるのです。そんなワインセラーにもペルチェ効果が利用されています。

ワイン保存のためには人工的な冷たさより、自然で涼しい環境が最適であることかが理由となっています。そのため、ワインセラーにもこの効果が利用されているのです。また、ノンフロンをアピールされることもある製品であるノンフロン冷蔵庫、ノンフロンクーラーなどにも利用されています。これらはオゾン層を破壊すると言われるフロンガスを使用しないことが特徴です。ペルチェ冷却は金属の間を熱が移動する原理を利用したもので、小型の装置に向いているのです。